WiMAX比較グランプリ 料金、速度、エリアで決めるWiMAX

MENU

WiMAXっていいの?エリアや速度、月額料金から比較するとやっぱりWiMAX

WiMAXの契約を考えている方の質問で特に多いのが、「WiMAX2+の各社でどこを選べばよいのか?」「WiMAXの最速のプロバイダはどこか?」ということ。WiMAXの場合、キャッシュバックなどのキャンペーンが各社豊富で比較するのも大変と言う意見が多いです。
さらに、WiMAXを使ってネットをする時に接続速度の比較にも強い関心があるようです。
WiMAX比較グランプリでは、WiMAXを購入する際に比較するべき内容を初心者でも分かるように丁寧に解説します。WiMAXの購入を決意したけど、このページを見れば、どこのプロバイダで買えば良いのか分かるようになっています。

 

WiMAXとWiMAX2+って何が違うの?

今使われている通信技術は、WiMAX2+です。WiMAXが進化して速くなったものが、WiMAX2+と呼ばれています。現在は、WiMAX2+が使えるルーターのみ新規に販売されており、いずれWiMAXが全てWiMAX2+に置き換わります。

 

WiMAX速度比較 結果はどこで買っても同じ

どこで買ってもWiMAXの通信速度は一切変わりません。「どのプロバイダでも通信速度は変わらない」。なぜならはWiMAXの回線はUQコミュニケーションズが全て管理し、それぞれのプロバイダに貸し出しています。それを独自のプランで提供しているだけなので、実際には、全て同じ回線になるわけです。
とくとくBBのGMOもSo-netのWiMAXもBIGLOBEも使っている回線はどこもUQコミュニケーションズの回線です。なので、GMOだからサクサクネットに接続できるとか、So-netだから速度が遅くなるという噂は嘘であり、それらの速度を比較をしても基本的に同じなのです。
WiMAXの最速プロバイダは存在しないということです。

 

WiMAX2+がおすすめな人はこんな方!

  • 電車やバスなどエリアを気にせずどこでもネットしたい方
  • 音楽や動画など大容量のファイルをダウンロードしたい方
  • どこでもネットの利用時間が1日2時間以上ある方
  • 一人暮らしの女性で自宅に工事業者などを呼ぶのは不安、だけどインターネットは気楽にしたい方
  • 単身赴任でアパート暮らしを何年かする方

これらに1つでも当てはまる方は、WiMAXを選ぶことをおススメします。

 

WiMAXの各種料金プラン比較

 

各社で月額料金やサポート、選べる機種などが大きく変わってきて、例えば店頭で買うよりもネットで買ったほうが約3、4万円安い場合もあります。

 

WiMAXには通常プランとギガ放題プランがある

 

WiMAXには月間データ通信量7GBまで通常プラン月間上限ナシギガ放題プランという2種類の料金プランがあります。
まずWiMAXを契約するには、両者を比較して自分にはどちらの料金プランが最適か決めないといけません。ただ、後で切り替えることも可能なので、まずは、2か月間割引があるギガ放題プランをみなさん使っています。
通常プランとギガ放題プランを比較した結果、違いは、月額料金とWiMAX2+のデータ通信量
月に684円ほどプラスして料金を支払えば、月間の利用データ容量に上限はないギガ放題プランが使えます。

 

ちなみに、通常プランで7GB利用による速度制限がかかってしまった場合の速度は128kbpsとなりますが、メールやLINE、インターネットはそれなりに使えるのであなたがヘビーユーザーでなければ安心してください。

 

これらを踏まえて、WiMAXのどちらの料金プランがあなたに合っているかを比較してみましょう。

 

ギガ放題、通常プランは月ごとのプラン変更、切替えが可能

実際にどちらかのWiMAXプランを使っている途中で「通信制限かけられて月末に遅くなるからギガ放題に切り替えしたい」「思ったより私はインターネット通信を使わないから安いプランに変更したい」という方は契約中の途中で月単位でプランを自由に更して安く使ったり無制限プランを戻したりすることが可能です。だからネットの利用量が多くなりそうな月だけギガ放題にするという設定もできます。

 

auスマホユーザー割引「auスマートバリューmine」

WiMAXはauと提携、auスマートフォン利用中の方なら2年間最大で934円をauスマートフォンの料金から割引くことができます。
auスマートフォンで該当のプランを利用中であることが条件です。それぞれのプロバイダ公式サイトにも親切な説明がありますが、一番安いプランなら電話カケ放題+データ定額2GBサービスでも対象です。

 

auの該当契約内容 auスマートフォン月額料金からの割引金額
「データ定額1」 -500円/月
「データ定額2/3」「ジュニアスマートフォンプラン」「シニアプラン」「電話カケ放題プラン(ケータイ・データ付)」「LTEフラットcp(1GB)」 -743円/月
「データ定額5/8/10/13/20/30」「LTEフラット」「ISフラット」「プランF(IS)シンプル」 -934円/月

auスマートバリューmineはWiMAX契約後の書類をauショップに持ち込むか、157にてサポートセンターへ連絡すれば簡単に申し込みすることが可能です。

 

WiMAX2+ルーター比較

WiMAXの速度や料金の比較に関してご紹介してきましたが、メリットが多すぎてWiMAX以外のWiFiは考えられないのではないでしょうか。あとは、ルーターを選ぶのですが、そのルーターが超高速通信に非対応では意味がありませんよね。

 

ここでは対応ルーターに関して説明していきます。たとえ、キャッシュバックが多くても、月額が安くても、古いルーターのみだった、なんてこともあるので注意してみましょう。
WiMAXのルーターは毎年新規格に対応していて、新しいもののほうが速いです。電車や、車での地方への移動が多い方は4GLTE対応のほうがいいかも知れません。それほど地方への出張がなければ最新のWiMAXルーターで問題ありません。

 

WiMAXルーターのご紹介をしてきましたが、最新ルーターも含めてキャンペーンで機器は無料提供というところが多いので、せっかくならよりよいものを選びましょう。

 

機種 下り速度 稼働時間 重さ
WiMAX比較グランプリ 料金、速度、エリアで決めるWiMAX

W04

440Mbps 10.5時間 140g
WiMAX比較グランプリ 料金、速度、エリアで決めるWiMAX

WX03

440Mbps 12.3時間 110g
WiMAX比較グランプリ 料金、速度、エリアで決めるWiMAX

W03

220Mbps 9.5時間 127g
WiMAX比較グランプリ 料金、速度、エリアで決めるWiMAX

W02

220Mbps 7時間 119g
WiMAX比較グランプリ 料金、速度、エリアで決めるWiMAX

WX02

220Mbps 9.2時間 95g

 

WiMAXの通信制限時のギガ放題と通常プランの速度比較

WiMAXなどのWiFiを使う時に一番気になる通信制限。UQ Flatツープラス=通常プランとUQ Flatツープラスギガ放題=ギガ放題そして、auLTE回線(ハイスピードエリアモード)を利用した場合でそれぞれ制限時の速度や通信制限になる条件が異なります。

プラン 項目名2
通常プランまたはハイスピードエリアモード利用時 月間に7GBを超えた時点で128kbps程度の低速度へ制限
ギガ放題 3日10GB超えの翌日18時?翌2時まで1Mbps程度の制限

ギガ放題は月あたりの速度制限はありませんが、上記のように直近3日間のデータ通信量で速度制限がありますよ。3日間で通信量が10GBを超えると、通信速度が遅くなります。この点は注意が必要ですが、3日で10GBというのは、スマホでyoutubeをみると83時間も見れるので、ほとんどの方は気にしないでもよいという結果になります。

 

WiMAXプロバイダ比較

契約の仕方や選ぶプロバイダによっては2年間で約3、4万円ほどの差が出る月額料金とキャッシュバック。そこで、お得に契約するなら、絶対にWiMAXプロバイダの比較が重要です。そしてプロバイダの一番の比較ポイントは「月額料金」。たとえば、1ヵ月200円の差があるプロバイダだと、24ヶ月で4800円の差が出ます。
WiMAXにはプロバイダが20社以上存在します。
どのプロバイダもUQWiMAXが貸し出している設備を使って通信をしているため、エリアやスピード、通信などは全く変わらないということは覚えておいてください!

 

CAやMIMO規格が使える、通信速度が速い

WiMAX2+は単体での通信で最大110Mbps、CA(キャリアアグリケーション)と4×4MIMO規格なら220Mbpsで通信可能です。この速度で月間のデータ制限なしで利用できるのがWiMAXのギガ放題のメリットです。

 

WiMAX発売当初はノーリミットモードで40Mbpsの速度でした。インターネットサイトの閲覧や動画や音楽のダウンロードなども遅かったですが、現在のWiMAX2+への移行で、40Mbpsが220Mbpsへのエリアがほとんどになってきました。そのため高速通信を使いたいなら、WiMAX2+のギガ放題を選ぶべきだと考えます。

 

4GLTEが使えるプラスエリアモードは単体で150Mbps、CAに対応しているWiMAXルーターなら最大370Mbpsという高速通信のメリットがありますが、追加料金がかかりますし7GB制限も存在します。どうしてもWiMAXが繋がらないエリアでの最後の手段として利用するのがベストでしょう。

 

WiMAXのエリア比較

ほぼ全国区になったWiMAXのエリア。「WiMAXが自分の使えるエリアなのか」「WiMAXのエリア判定したけど本当に使えるのか」「エリア判定で×が出たけど使える方法を知りたい」などWiMAXのエリアが自分が普段使っているところで使えるエリアなのかと心配な方は、とくとくBBの20日間の解約金無料のサービスがいいでしょう。

WiMAX比較グランプリ 料金、速度、エリアで決めるWiMAX

自分の自宅や職場など実際に使う予定のある場所がサービスエリア内にあるかどうか公式ページの「サービスエリアマップ」で試してみましょう。
○、△、×で判定してくれます。
一度契約してしまうと、判定が◯であっても通信ができなかったという理由で解約すると2万円近い解約金が発生するプロバイダもあります。不安な場合は、20日違約金無料サービスがあるとくとくBBを申込みましょう。

 

WiMAXのメリットとデメリット

WiMAXのメリット

WiMAX最大のメリットは工事が不要でルーターが自宅に届いたら簡単にネットが利用できることです。自宅の固定回線の代わりとして利用している人も多いです。モバイルインターネットとしては現在最も速い440Mbps。モバイル回線も一昔前の光回線並みの通信速度で通信できます。

 

ドコモやau、ソフトバンクが提供しているスマホ、通信制限が3GB、5GB、7GB等と設定されていて毎月インターネットやゲームをたくさん利用すると通信規制が掛かってしまいますよね。私の周りにも月末にはパケ死の方が沢山回りにいらっしゃいます。その点、WiMAXには通信制限が3日で10Gとほとんどなし。さらに月間制限もなし。
WiMAXはヘビーユーザー並にインターネットを利用しない限り通信制限を気に掛ける必要はないと言えます。ちなみにその方たちのためだけにWiMAXは制限をかけているといえます。

 

通信速度も速く、持ち運びも出来る、今の世の中には無くてはならないものになったWiMAXですが、実は月額料金も大手のキャリアや光回線と比較してもとても安く設定されています。UQコミュニケーションズの公式ホームページでもWiMAX2+の月額料金は4,380円となっています。さらにUQ以外のプロバイダでは、もっと安く設定されています。

 

WiMAXはKDDIグループの会社でオプションでau4GLTE回線も利用することができます。ただこちらは7GBの通信制限があります。
地方に出張や外出する機会が多い方でWiMAXエリア外の地域でも利用したいという時にかなり役に立ちます。4GLTEはオプションなので別途月額料が1,005円発生しますが、メインで使うスマホや携帯電話のデータ通信を最低限に抑えて利用できるなどかなり無駄なく使えます。
さらにWiMAXを提供するUQコミュニケーションズはKDDIの会社なのでauスマホの割引、スマートバリューmineの適用が可能です。

 

新規申し込みキャンペーンが魅力的

私も利用しているととくとくBBが提供するWiMAXは、
33,000円のキャッシュバック
開始月の月額料金無料
端末料金2万円相当が無料
月額料金割引
と、WiMAXを始めて使う方にとっても、乗り換えの方でもとても簡単に使い始めることが出来ます。
GMOとくとくBBWiMAXの詳細はこちら

 

WiMAXのデメリット

WiMAXは壁等の障害物に弱いのが弱点です、電波の性質上、部屋の奥などにルーターをセットしてしまうと障害物に弱いです。

 

その理由は電波は周波数が高ければ高いほど速い通信が可能になるが一方で減衰しやすいという性質があります。現在最も多く利用されているLTEやCAなどの周波数は高い帯域で2GHzなのに対して、WiMAXは2.5GHzの周波数帯を使っているためLTEやCAなどスマホの電波に比べて障害物に弱いですが、その分通信速度は速いのが特徴です。
そのためWiMAXのエリア内でも電波を発信する基地局と受信するルーターの場所の間に山やビル等があったりするとほとんど電波が入らない場合もあるそうです。そのため自宅用として利用するのには窓際などにルーターを置いておくとそのデメリットは解消されます。「自宅用でもWiMAXだけで十分」というインターネットライトユーザーもいます。

 

WiMAXはWiFiなどの無線のインターネットとしては通信速度制限がゆるいです。
通信制限なしを売りとしているギガ放題プランは月間の制限はありませんが3日間で10GBの制限が設けられています。その理由は、一部のヘビーユーザー対策の為だといわれています。
元々、WiMAXは、他のWiFiとは違い、スマホと同じ回線を使っていません。なので、それほど混雑はしないので、制限をかけなくても問題ないのですが、一部のヘビーユーザーが、沢山使っていて、一般ユーザーが普通につかっていたら不公平が生じてしまうため、ゆるい制限だけを設けています。

 

私がWiMAXに決めた理由はこれ!

動画やゲームなど、たくさんスマホやPCで通信する方は、ギガ放題がおすすめです。また、スマホのデータ通信量を抑えてWiMAXを使って節約する方法もあります。
私がWiMAXを使うきっかけになった理由は、入院中に病院でメールやインターネットや仕事をしたいと思っていましたが病室にはLAN環境が無かったのでインターネットが出来ませんでした。そこで何か方法はないかと思い、見つけたのが始まりです。実はそれまでWiFiすら知りませんでした。それから、入院以外でも、動いている電車の中でもWiFiが使えたり、バスの中や、旅行中のホテルでもインターネットが使えます。
WiMAXは通信速度が速く、月額料金も比較的安くて速度制限もゆるいので、外でインターネットをガシガシ使いたいという人におすすめです。